Memorable Orange

Art  Design  Interior  Yoko
<< オノマトペストラップ | main | いいひと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - | pookmark |
    「嫉妬を感じたことはありますか?」
    JUGEMテーマ:つぶやき。

    毎朝送られてくるメルマガのテーマで、気になる時は考えます。
    _________________________________________

    先日、京都で友人の結婚披露宴に出席しました。
     
    新郎である友人は、男の私が言うのもなんですが、めちゃめちゃ
    カッコイイ男なんですよ。いわゆる「イケメン」です。
      
    もし、私が女に生まれてきたら、間違いなく一目惚れするだろうなと思います。
     
    「今日は一段とカッコええなぁ」と思っていたら、隣のテーブル
    に座っていた新婦の友人達の女性陣の話し声が聞こえてきました。
     
    「どうすれば、あんなカッコいい人をつかまえられるんやろう?」
     
    「なんであの子が?昔はずっと奥手だったのに。」
     
    「あ〜ホントうらやましい。というか、くやしいわ!」
     
    半分冗談だとは思いますが、新婦に対する恨み節が延々と続いていました(笑)。
     
    まぁ、その気持ちはなんとなくわかる気がします。
    私も女性であの席にいたとしたら、きっと嫉妬でグチの一つもこぼしていたことでしょう。
     
     
    自分と比較して、何かに恵まれている人を見ると「くやしい!」
    と嫉妬を感じる事ってあると思います。
     
    嫉妬という字は、両方とも「女偏(おんなへん)」ですが、
    もちろん男性だって誰かに嫉妬することってありますよね。
     
    政治家の小池百合子さんが「永田町は嫉妬の世界で、日本では政治家の
    大多数が男性という観点から、嫉妬は女偏ではなく男偏にすべきですね」
    と言われたのは有名です。
     
     
    私もよくあります。
    正直言うと、今でも嫉妬で「くやしい!」と思うことがよくあります。
     
    仕事柄、講演や研修に一受講者として出席することがよくあります。
    その時に、講師の方の話し方が上手かったり、周りを巻き込むのが上手だったり、
    深い感動や達成感に包まれたりすると、
    「くやしい!」という炎が胸にメラメラと燃えることがあります。
     
    もちろん、それで講師の方を恨んだりすることはありません。
    感謝の気持ちでいっぱいなわけです。
     
    でも、くやしい想いはなかなか消えず、やがて「よし、俺もやるぞ!」
    という気合いに昇華されていきます。
     
    よくよく考えてみれば、自分が講師業をやる前、あるいはやり始めた頃は、
    上手い人の講義を見ても、それに嫉妬する事なんてありませんでした。
     
    でも、自分が上を目指すことではじめて、上にいる人に対して嫉妬心を
    感じるようになりました。 
     
    よく「嫉妬すること」自体が、悪いことや醜いことのように言われますがそうは思いません。
     
    大切なのは、くやしい!と嫉妬を感じたとき、
    「でも、あの人は○○の面ではダメだよね。」と相手の欠点を見つけて安心するのか?
    あるいは「よし、自分も頑張るぞ!」と、自分の成長エネルギーに転化できるか?
     
    その違いではないでしょうか?


    ↓このメルマガの内容はこちら↓
    「嫉妬を感じたことはありますか?」
    _________________________________________


    女性は嫉妬のかたまりのようなもの。

    特に見た目を気にしますね。キレイな人、美しい体、おしゃれな服・・・・
    常に自分を磨いていく。それが女性というものの様な気がします。

    その為に美容院へ行く、エステへ行く、今話題のコスメ、ダイエット法と聞くと
    飛びついてしまう。

    向上心の表れ。人をよく見ている、観察力があるのだと思います。

    人と自分を比較して、そこで諦めてしまう人も、本当は美しくありたい。
    そう思ってるはず。

    私も人と比較して、かなわないと思うことがあります。

    そんな時は人のダメな面を見つけるのではなく、自分がその人より優れている面を
    見つけ、自分を認めることで、嫉妬心は消えていくと思います。

    そして、自分の優れているところを更に磨けば、自分らしさが出てくる。

    私も、嫉妬は悪いことでも醜いことではないと思います。

    嫉妬して恨んで、人を陥れない限りはね。


    0
      | アタマんなか | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:13 | - | - | pookmark |









        http://memo-orange.jugem.jp/trackback/144

        CALENDAR
        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PROFILE
        creativecommons
        表示-非営利-改変禁止クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        SELECTED ENTRIES
        RECENT COMMENTS
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        mail
         
        【スペイン】ワイングラス
         

         

         

         

        OTHERS
        SPONSORED LINKS